お金の管理

2019年の特別費を書き出しました

1年間にかかる特別費の金額を知っていますか?

以前この記事の(STEP2 支出を把握する)を書いた際に触れましたが、

<家計管理>「月」ではなく「年」単位で考えることにしました 結婚してから毎月家計簿はつけていましたが、老後破産の記事をきっかけに、家計の管理は全然出来ていないことに気づき、考え方も変えて、...

家計簿をつける際は、毎月の収入と支出に目が行きがちです。
わが家も結婚当初はそうでした。

でも何年もつけて思ったことは毎月の収支よりも年間の収支が大事。

先を見通して支出を把握することで、今月はお給料が多かったから〇〇を買おう ! と思うことがなくなり、結果、余計なものを買うことが少なくなりました。

以前は100均へ行き、100円だからいいかと大量に買っていたこともありましたが、イベントごとに予算を設けることで、予算内でいかに楽しむかと考えるように。
100円で安いものを毎年買うよりも、少しずつ貯めてでも本当に欲しいもの買おうと思うようになりました。

特別費の書き方

わが家はExcellで作り、1年ごとに少し手直しして印刷していたのですが、昨年パソコンをリカバリをしたらExcellが使えなくなりファイルを開くこともできなくなりました。

仕方がないので2019年は手書きで書くことにしました。

家計簿代わりとして使っている手帳に書き出しました。

特別費も2つに分けています

毎月の固定費、変動費の項目にないものをなんでも間でも特別費にしていたのでは、ただ出費がかさむだけです。

そこで、わが家では特別費を以下の2つに分けています。

1 . 必ず払うもの (わが家では年払い分と呼んでいます)

2 . 自分で支出のコントロールのできるもの(わが家ではイベント費と呼んでいます)

1 . の必ず払うものは

  • 固定資産税(持ち家の場合)
  • 賃貸物件の更新料(賃貸の場合)
  • 住民税(給与天引きではない場合)
  • 車維持費(車の保険、税金、車検)
  • 保険料
  • 学費(受験料、入学金、学用品購入、前期学費/後期学費など)

などです。
保険料なども見直すことで支出のコントロールが出来ますが、イベントではないのでこちらへ入れています。
もちろん、見直しも行っています。

2 . の自分で支出のコントロールのできるものは季節ごとのイベントや行事、誕生日などです。

わが家の特別費

必ず支払うものver.

書き方について

※1)基本的に3月のように支払口座や引き落とし日なども書いていますが、ブログでこの表を作る作業が大変だったので、4月以降は割愛し簡略しています。
※2)実際には金額は1円単位まで、保険会社名なども書いていますが、ブログではぼかして書いています。

1月

なし

2月

なし

3月

項目 金額 支払口座/カード 支払確認 実際に払った金額
車検(偶数年) 約140,000円 ××カード    
学資保険☆ 約142,000円 〇/〇 ××銀行    
医療保険(私) 約65,000円 〇/〇 ××カード    
         

車検は2年に1回なので、1年間で約70,000円貯めています。

4月

がん保険(私) 約20,000円  
保険 約55,000円  
保険☆ 約30,000円  
医療保険(子供) 約55,000円  
保険☆ 約115,000円  
医療保険(夫) 約55,000円  

5月

車の税金 約40,000円
固定資産税支払い 1期 約40,000円

6月

7月

8月

固定資産税支払い 2期 約37,000円

9月

※自分用のメモ:車の保険プラン見直し 早割の為に〇日までに申し込み ! 
 (<PR>イントサイト経由で比較することでポイントが貰えます。)

10月

11月

車の保険 約40,000円

12月

固定資産税支払い 3期 約37,000円

翌年2月迄に

固定資産税支払い 4期 約37,000円

合計すると約70万円。

このうち、☆マークのある約28万円は貯蓄タイプの保険です。
貯蓄タイプの保険を貯蓄とみなすかどうかは意見が分かれると思いますが、わが家では貯蓄扱いしています。

この70万円は毎月のお給料から貯めています。
約70万÷12ヵ月=約5.8万円

この約5.8万円は毎月別の口座へうつすのですが、
約3.4万円はないものとして考えます。
約2.4万円は貯蓄性の保険なので、貯蓄として資産に加えています。

イベントなど自分で予算を調整出来る特別費

(母の誕生日プレゼントも予算取りしていますが、そこまで誕生月を書くと身バレしそうなので、記載していません。友人の誕生日プレゼントはお小遣いの中から出しています)

1月

お正月/成人の日 ←その月の主な行事、イベントを記載しています。

↓行事やイベントのうち、わが家で予算取りしているものを記載しています。

お正月帰省費用 △△円

2月

節分/バレンタインデー

わが家は毎月の予算内で楽しんでいます。 

3月

ホワイトデー/卒業、卒園/春休み/お花見

 息子の誕生日プレゼント 5,000円
 息子誕生日パーティー費用 2,000円
 お花見 1,000円

保育園は春休みがないため、わが家では春休み費用は現在計上していません。

4月

春休み/入学、入園/GW

 私の誕生日(ケーキ) 2,000円
 GW費用 10,000円

5月

GW / 母の日

母の日 8,000円

6月

父の日

7月

夏休み

8月

夏休み / お盆 / 夏祭り / 花火大会など

お盆休み費用 10,000円
夏祭り 1,000円

9月

シルバーウィーク

10月

ハロウィン / インフルエンザワクチン接種時期

ハロフィン仮装費用 1,000円
インフルエンザワクチン 2,500円
パパ誕生日(ケーキ) 2,000円

11月

※クリスマスケーキ予約

インフルエンザワクチン
2回目
2,500円

12月

冬休み/クリスマス  / 年末年始準備

クリスマスプレゼント 5,000円
クリスマスパーティー費用 7,000円
年賀状 △△円
お年玉準備 未就学児 △△円 × 〇人 / 小学生低学年 △△円 × 〇人 …
年末(おせち) (5,000円) (メモ:今年はおせちは作らなくてもいいと思う)
お年賀 7,000円 (メモ:おせちを作らない分お年賀を上乗せ?)

合計すると約9万円~10万円です。
わが家ではボーナスから出しています。
イベントによっては予算が多いかなと思うものもありますが、
夫に「使う時は使う。使う為に貯めているんだから」と言われてメリハリをつけて使うようになりました。

最後に

初めて特別費を書き出したときは面倒でした。
また、支出の把握はできたものの、まだまだ家計は赤字でした。

でも、毎年これだけの支出があるため、お給料が多かったからといって贅沢はできないことを夫に分かってもらいやすくなりました。

また、新しく保険に申し込む際や、子供が習い事を始める時など、いくらなら支払が可能なのか?と家計を把握するうえで何度も役立つ機会がありました。

今後、子供が大きくなるにつれ特別費も増えるはず。
しっかり予測を立てて計画的に貯めていきたいです。