Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/forwp/liferary.website/public_html/wordpress/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
HOME | シンプルライフ

子供も使いやすく | 建売住宅の洗面室収納

わが家の洗面室です。
建売住宅でよく見かける洗面台のある洗面室です。
洗面台はLIXILです。
造作の洗面台に憧れます。リフォームをする際は造作洗面台を作りたいなと夢見ています。

洗面室全体の収納

洗濯機周りの収納

以前の家ではランドリーラックを使って、洗濯機の上に家族の下着や子供のパジャマを収納していました。


 

 

今の家では、洗濯機の後ろが窓になり、窓の開閉時にラックが邪魔になったことと、洗面室の横にストックルームがあり、そこに下着やパジャマを収納できるようになったことをふまえ、ラックを廃止し棚を取り付けました。
棚にはタオルや洗剤、お風呂上りにすぐに使う化粧品を置いています。

洗濯かご

洗濯機の向かい側には洗濯物用のかごを置いています。

使用している洗濯かごは平和工業のランドリーボックス(3段)という商品です。
下記の3つの点にひかれて購入しました。

  • 通気性がある
  • 洗濯ものが見えない
  • キャスターがついていて移動が容易

死角となる洗濯かごの側面にティッシュボックスとごみ袋を取り付けています。

取り付けにつかった商品はどちらもダイソーで購入しました。

お風呂上りにお風呂の排水溝にたまった髪の毛を取り除くので、ティッシュで取り、すぐにごみ袋に捨てられる様に導線も考慮しました。

洗面台の収納

鏡裏の収納

洗面台は3面鏡なので見た目はあまり好みではないですが、収納ができるところは嬉しいです。

3つの鏡のうち、左の2つを主に使っています。
右側の鏡裏も収納できますが、タオルバーがあって開けづらいので普段あまり使わない、洗髪用のはさみやアイボン、眼鏡のシャンプーなどをしまっています。

真ん中に毎日よく使うもの、左側に洗濯用の洗剤を置いています。
今後、子供が大きくなるとしまう物も増えるはず。その時は左側の鏡裏にも個人の物を置く予定です。

奥行きが狭いので、かける収納にしてたくさん収納できるようにしています。

歯ブラシの収納:セリアの「何度でも貼ってはがせるシールフック」。
(歯ブラシは未使用品です。念のため)
歯磨き粉の収納:クリップで挟んでセリアの「何度でも貼ってはがせるシールフック」を使っています。
T字カミソリの収納:100均のカミソリホルダー。

眼鏡の収納:セリアの「何度でも貼ってはがせるシールフック」。
注:安い眼鏡なのでかけて収納していますが、たまに落ちてくることもあります。

子供が使うものは手に届く見える場所へ

子供が使うものは鏡の裏ではなく、手が届く場所へ収納しています。

子供のものに関しては、自分でやりたい! 自分ひとりで出来た! の感情や経験を日常生活で積み重ねられる収納方法を意識しています。

キャンドゥの歯ブラシホルダーとセリアのコップホルダーを使って、子供が手の届く位置に歯ブラシとコップを。

一人で手洗いうがいをして、片付けるところまでできます。
手洗い用の石鹸は固形タイプではなく、子供の小さな手でもポンプが押しやすい市販の泡で出てくる石鹸を使っています。

泡タイプの石鹸しか使ったことがなく、固形タイプの石鹸の泡立てが出来ない子が多いと聞いたので、お風呂には固形タイプの石鹸もおいて泡立てる練習をしています。

洗面台下の収納

洗面台下には引き出しが2つあります。
今まではずっと観音扉のタイプだったので、市販の引き出しやツッパリ棒などを使い、空間を最大限に使えていたのに対し、引き出しタイプは奥まで使えないし、無駄な空間が多いなと思っています。

上の引き出し

上の引き出しは高さがあまりないので、何を仕舞おうか悩んだのですが、メイク道具やヘアアイロン、コンタクトレンズの予備、ドライヤー、ヘアブラシを収納しています。

下の引き出し

掃除用具を収納しています。掃除が終わったあと手を洗いに洗面室まで来るので、ここに掃除用具をまとめることにしました。
2階で使うセットが2階においてありますが、基本的に掃除用具はストックも含めここに入る分までと決めています。

 

最後に

住み始めて約1年。
以前の家とは洗面台が異なるので、収納方法に悩みましたが、生活導線にあわせて今の形に落ち着きました。
今後も子供の成長や生活スタイルの変化にあわせて都度見直しをしたいと思います。