KID | 子供のいる暮らし

<2歳>小学館の幼児教室 | ドラキッズに入会した経緯

現在3歳の息子は2歳1ヵ月の頃からドラキッズに通っています。
通い始めたきっかけや通ってみた感想をまとめました。

早生まれについて思うこと

息子は3月末生まれ。
同じ学年でも4月生まれの子とではほぼ1年違います。

出産予定日が4月2日だったこともあり、生まれる前から周りの人に「3月生まれと4月生まれどっちが良いの?」と聞かれることも多かったのですが、正直そんなことを気にするの?と不思議に思っていました。

けれど、息子が1歳になった頃、児童館でのイベントや音楽教室の体験教室に参加した際、同じ1歳でも小走りしている子がいる中、息子はまだ一人で立つことも出来ない。そんな状況を何度か目の当たりにしました。

この時期の1年はこんなにも違うのか。とびっくりし、集団生活が始まるまでに出来ることはないかな、また始まったあとも配慮した方がいいなと思いました。

習い事と幼児教室

そのころは特に幼児教室に通うと考えていませんでした。そもそも、すでにこどもちゃれんじを生後4ヵ月の頃から受講していました。

スイミング教室には通わせたいなと考えていたのですが、肌が弱く皮膚科に通院していたので保留。
そんなときに音楽教室の体験教室に誘われて参加したので、習い事の体験教室って親である自分も学べることが多いし、特にスイミングにこだわる必要もないと、体験教室をやっていれば参加するようにしました。

幼児教室には3つ参加しました。ただひとくちに幼児教室といっても教育方針や教育方法が全然違うんだなと実感。

特に早期教育を教育方針に掲げている教室はレッスン内容は難しく、大人でも「え?」と思うようなことも。でも、教え方も理にかなっていて、何より在校生の子がびっくりするほど賢くて、数か月しか違わないのにこんな事もできるんだと驚くことばかり。

すごいなとは思いましたが、月謝が高い。
そして教室で習ったことを毎日親と復習し、次のレッスンで発表するなど、家での学習比重も高く親も頑張らないとついていけなさそう。

そもそもわが家の場合は「早期教育を受けさせたい」や「〇〇大学に入れたい」と考えているわけではないので、それならば、教室に通わなくても自宅学習である程度学力が伸ばせるのではと考え、自宅学習を始めました。

わが家の自宅学習についてはまた改めて記事にしたいと思います。

ドラキッズとの出会い

息子が2歳になる少し前、ショッピングセンター内で不定期に開催されているドラキッズの説明ブースの前を通りかかりました。

あまりこの手の説明ブースが好きではないので、息子を抱っこしている時やカートに乗せている時は素通りするのですが、この日は息子と手をつないで歩いていました。

子供用の机と椅子が並べられ、机の上にはおままごとやビーズなどのおもちゃがたくさんあります。
息子の目の高さいっぱいに広がるおもちゃ。
もちろん息子は遊びたがり、私は説明を聞くことに。

息子がずっと遊び続けるので、30分以上その場にいたのですが、ずっと椅子に座って遊んでいた息子。
自宅学習をやっているので、スプーンでビーズを運ぶ遊びやひも通しなどは難なくできるのですが、それを見て先生が2歳前でこんなに集中して遊べるなんてすごい。と褒め倒し。

そのころ、2歳時検診で言葉の遅れや、行動の様子からフォロー教室に行くようにすすめられて落ち込んでいたこともあって、少し安心しました。

説明の方はというと、2020年に教育指導要領が変わることに向けて、ドラキッズのカリキュラムが変わり教材も一新。
「知識」を増やすだけでなく「思考力」「判断力」「表現力」を伸ばしたり、クラスの子と協力して考えて自分たちで考えて取り組めるように。というものでした。

具体的には2,3歳時クラスは母子分離1年目のクラスなので、まずはおうちの人と離れて過ごすところから。集団の中で自分のことは自分で行い、順番を守るなど社会性を身につける。自分の名前をクラスのみんなの前で発表する。など。

ドラキッズという幼児教室があることは知っていたのですが、私の家の近くの教室では体験教室もしていなかったし、(ドラえもんのインパクトが強すぎて(?))教育方針までは知らなかったんです。

だから、この知識を増やすだけではないカリキュラムはいいなと思いました。

が、やっぱり高い。月謝は月に8,000円。教材費も入れると1ヵ月約1万円。
説明を聞いたあとパンフレットだけ貰って帰りました。

帰ってから夫にこの日の様子を話し、パンフレットも一緒に見たのですが、特に行動には移しませんでした。

入会の決め手

説明を聞いた1ヵ月後くらいにこのショッピングセンターに行った時のこと。
息子が夫の手をひっぱってぐんぐん進んでいきます。
何だろうと思うと、ある場所の前で止まり、あたりをキョロキョロ。

1ヵ月前に説明ブースがあったところです。
説明ブースは期間限定なのでその時はもうありません。

息子はあれ?という顔をしながらキョロキョロ。
もうないんだよというと泣き喚きました。

普段、お店でお菓子もおもちゃも欲しがらない子なので、初めてこんな息子を見たことと、1ヵ月間も覚えていたことに、感心。心が揺らぎはじめました。

その後、夫婦で検討を重ね、保育園に入る迄の1年間だけでも通ってみようと、習い始めることにしました。

ただ、カリキュラムはいいなと思ったものの、体験教室も教室の見学も出来ないので、レッスンの内容も不透明なまま始めることに少し不安はありました。

( 体験教室は地域によっては、やっているところがあるそうです。 )

でも息子が興味を示したという点が大きく、背中を押され入会を決めました。

始めてからの様子はこちらの記事で紹介しています。

<2歳~3歳>小学館の幼児教室 ドラキッズに1年半通ってみた感想現在3歳の息子は2歳1ヵ月の頃からドラキッズに通っています。通い始めたきっかけや通ってみた感想を2つの記事に分けて書いてみました。 始...