Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/forwp/liferary.website/public_html/wordpress/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
KID | 子供のいる暮らし

<2歳~3歳>小学館の幼児教室 ドラキッズに1年半通ってみた感想

現在3歳の息子は2歳1ヵ月の頃からドラキッズに通っています。
通い始めたきっかけや通ってみた感想を2つの記事に分けて書いてみました。

始めるまでの経緯はこちらの記事で紹介しています。

https://liferary.website/drakidz-nyuukairiyuu

通い始めたころの授業の様子

息子の通っていた教室について

2歳1ヶ月の時から通い始めました。
class2という2~3歳時のクラスで、定員が12人で先生が2人です。

新しいカリキュラムの最初の月から通い始めました。
息子が通い始めた頃は生徒8人。前のクラスからの持ち上がりの子が5人、新しい生徒は息子を含めて3人でした。
女の子が6人、 男の子が2人。女の子はみんな大人しいめで(そして可愛い)、男の子はやんちゃです。

class2からは母子分離の授業ですが、初回は母子一緒に入室して、教室や先生、他の生徒さんと一緒に過ごしました。
自己紹介したり、一緒に体を動かす遊びをしたり、教材の説明がありました。息子は終始楽しそうで、私の方が緊張…

2回目以降 入室~退室までの様子

2回目からは教室の前で行ってらっしゃいと送り出します。
息子は自分から行きたいと言ったこともあり、笑顔で手を振って一人で走って教室へ入っていきました。
少しは泣いたりするのかなという母の不安はどこへやら。
その後も毎週、家で準備している時からとてもうれしそうでした。

教室に入ってからは自分で靴を靴箱に入れて、カバンをカバンかけにかけます。
カバンの中から出席ノートを出して、机の上に置いてあるシールの中からシールを一つ選んで貼ります。

家でも自分のことは自分でやるように促していることもあって、他の子の真似をしたり、先生に教えてもらいながら、一人で出来ていました。

授業が始まる時間まではみんなでボールで遊んだりして全員が揃うのを待ちます。

みんなが揃ってからボールなどをみんなで片付けて、まずは体を動かす遊び。
平均台やボールなど日によって遊びは違いますが、みんな座って待ち、名前を呼ばれたら返事をしてから先生のところまで行き順番に行っていました。

平均台は初めてだった息子。おそるおそるでしたが、先生と手をつないでとても真剣な表情で渡っていました。

そのあとは挨拶。
先生に名前を呼ばれてから返事をします。

そして主活動です。
1ヵ月半くらいの期間ごとにテーマが決まっていて、「たんけんブックワーク」というにワークや取り組みが行われます。

class2の初めのテーマは「どうぶつ」でした。
椅子に座って机に向かって、たんけんブックにシールを貼ったり絵をかいたりするだけではなく、教室の壁に貼られた動物をみんなで探して、動物の名前を言ったり、数を数えます。
見つけることや見つけられたことが楽しいようで、恥ずかしがりやな子でもみんなの前で動物の名前を大きな声で言えていました。

そのあと、英語のDVDを見て少し歌遊びをしたり発声などをします。
入会前の説明の時は英語もやりますよ。と言われましたが、英語は本当におまけ程度です。
個人的には英語に関してはこれくらいならむしろなくてもいいのではと思いますが、クラス内にこれがきっかけで英語をもっとやりたいと言い出したという子もいたので、とっかかりとしてはこれくらいでも良いのかもしれません。

授業の最後に1人の先生が子供とブロック遊びなどをして教室内で遊び、もう1人の先生が教室の外でその日の授業の様子を話してくれるミニミーティングという時間があります。


そのミニミーティングで、子供の様子を話してもらえるので、授業が終わったあとに子供にその日の授業のことを聞いたり、 (このころはまだ話せなかったので、〇〇したの?など)お家用のワークをする時の参考になりました。

授業の様子は教室の窓からのぞくことはできますが、子供に見つかると気が散ってしまうので、どのお母さんも授業の最初と最後の5分ずつくらいだけのぞいて、それ以外は買い物をしたり、本屋に行ったり、自由に過ごしています。
親にとっても良い息抜きの時間です。
(それでも始めたころは親の方が気になって10分おきくらいに様子をのぞきに行っていました)

現在の授業の様子

ドラキッズを始めてから1年半ちょっと。途中で引っ越しをしたので、転校もしました。月謝が高いので、class2から3にあがるかどうか夫婦で相談しましたが、続けたいという息子の強い希望があって1年以上継続しています。

 

class3の後半の現在は、授業の始まる前に行っていた遊びの時間が運筆などドリルの時間に。みんなでやることが楽しいのか、どの子も食い気味に始めてあっという間に終わり、各自ドリルの裏に絵をかいたり、文字を書いたりしています。

 

挨拶は始めたころは名前を呼ばれて返事をしていただけでしたが、今では返事をしたあと前に行き、ホワイトボードに貼ってある自分の名前の紙を選んで手に取り、みんなの前で自分の名前と年齢、その日の質問に沿った自分の意見を発表しています。
(冬休みに楽しかったことや、好きな季節とその理由など。)

主活動でははさみやのりが使えるようになり、数も数えられ、ひらがなも読めるようになり、気づけばいろんなことができるようになっていました。

クラスの子は活発で、椅子にじっと座れず途中でもじもじ動き出す子や(うちの子はこちら)、恥ずかしがりやでみんなの前に出たり話したりすることが苦手そうだったり時間がかかったりする子など性格は様々です。


定期的にある授業参観では先生からの問いかけに答える様子から成長を感じられます。

前回は泣いてしまってお母さんから離れられなかった子が照れながらも前に自分から行き小さい声だけど発表している様子を見るとうれしくなります。

 

出来ることもや語彙も各段に増えていくので、授業で終わりのミニミーティングでは、授業の様子と連動して、普段の生活でどんな風に声かけをすればいいのかなどを話してくれます。

例えば、最近の授業では、文章にあう助詞を選んで〇をつけるという問題をやったそうで、普段の生活でも助詞を抜かないように意識して会話をしましょう。と言われました。

そう言われてみると、助詞がなくても会話が成り立つことが多いので、普段は助詞を使わないことが多いなと気づき、気を付けるようになりました。

幼児教室ですが、親も子供への教え方を学べて良いなと思います。

最後に

始める前は悩みましたが、自分の意見を持ち、発信する力は私ではなかなか育てられなかったと思うので、 現在は始めてよかったなと思います。

ドラキッズに興味ある!という方はまずは資料請求してみてはいかがでしょうか?

資料請求はコチラ /

 

にほんブログ村テーマ 子どもの教育・教室へ
子どもの教育・教室