<教育費>大学費用はどのように準備する?児童手当編

お金

大学の学費を1人600万円貯めることを目標にしたので、具体的にどのように貯めるかを話し合いました。

 

まずは児童手当。支給される児童手当を使わずに大学費用として貯めていくことにしました。

スポンサーリンク

児童手当

児童手当とは

0歳から中学校卒業までの児童を養育している方に支給されます。※所得制限あり

出生後に申請が必要。受理後に支給される為、申請が遅れるとその分もらえる児童手当も減ってしまいます。

毎年、2月、6月、10月に支給されます。

申請が通ったあとも毎年6月に現状届を提出する必要があります。この現状届も提出を忘れると6月以降の児童手当が支給されないので注意が必要です。自治体から現状届が届いたら忘れずに提出しましょう。

 

所得限度額未満の場合、貰える金額は下記の通り。

支給対象児童 1人あたり月額
 0歳~3歳未満 15,000円(一律)
 3歳~小学校修了前 10,000円
(第3子以降は15,000円※)
中学生 10,000円(一律)

※ 「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育しているお子さんのうち、3番目以降をいいます。

 

全部合わせるといくら?

計算をする前に・・・

児童手当は生まれ月によって貰える額に差があります。

3歳までは支給対象が年齢で区切られていますが、小学校以降は学年によって区切られているため、生まれた月によって差が生じます。

 

例えば
・3月生まれの子の場合、小学校修了時の6年生の3月時点では11歳11ヶ月。

・4月生まれの子はというと、小学校終了時の6年生の3月時点で12歳10ヶ月。

同じ学年でも最長11ヶ月分の差があるため、その分、3月生まれは支給期間が短くなります。

 

0歳~3歳まで

15,000円 × 35ヶ月 = 525,000円

3歳~小学校終了前まで

ここで生まれ月によってもらえる金額が異なります。

4月生まれ
10,000円 × 120ヶ月 = 1,200,000円

3月生まれ
10,000円 × 110ヶ月 =  1,100,000円

中学生

10,000円 × 36ヶ月 = 360,000円

合計

4月生まれ
2,085,000円

3月生まれ
1,985,000円

 

支給対象を小学校修了前/中学生とせず、12歳まで/15歳(できれば16歳)までとしてくれれば生まれ月によって貰える金額に差はなくなるんですけどね。

ちなみに息子は3月末生まれです。苦笑

 

→ 児童手当を満額貯めると約200万円貯まります。

600万円まで残り400万円です。

 

コメント