家でのご飯

<時間貯金>買い物と常備菜作りと下処理冷凍

よく利用しているスーパー

わが家の最寄りのスーパーはイオン。

ベビーカーを押して歩いても10分以内なので、子供との散歩がてらよく行きます。

近くにある歩いて行けるスーパーの価格帯はイオンと同じくらいか高いので、メイン使いのスーパーはイオンです。

 

 

イオンでの買い物がお得になる日は月に何度もありますが、わが家は利用するのは、毎週火曜日の火曜市と20日/30日のお客様感謝デー。

火曜日にお値打ちなものを中心に数日分まとめて買い物をし、週末に足りないものを買い足します。

そして20日/30日のお客様感謝デーはイオンカード提示などで5%OFFなのでお米や調味料などをまとめて買うようにしています。

 

購入したもの

イオンへ行き、下記のものを購入しました。

{E0511984-F969-49F6-9A28-CBF25BE14A9F}
全部で4,191円。
野菜を買うときは、量と栄養に対して安いか高いかを考えて買うようにしています。
かさまし食材だけでなく、量は少ないけれど栄養価の高い食材も買うことを意識しています。
ただ、最近野菜が高くて高くて…
ほうれん草か小松菜のどちらかは必ず買っていたんですが、今まで火曜市で1袋98円で買っていたものが298円。買えない買えない。
さらにこの時期、週1くらいで食べるさんまですが、夕方に行ったので、もう売っていませんでした。

作ったもの

夜、子供を寝かしつけたあと、常備菜作りと下処理をします。
{1B720468-B432-44D1-9ECB-24CF414D359F}
常備菜
  • 半熟卵の味玉
  • れんこんと人参のきんぴら
  • ひじき煮
  • キャロットラペ
  • ナスの煮びたし
  • こんにゃくおかか和え
下処理冷凍
  • キノコミックス
  • ねぎ
  • お味噌汁セット(お揚げとえのき)
もうちょっと作りたかったんですが、眠くて限界でした。
下処理冷凍は一人暮らしの時からやっています。
お味噌汁やスープ、炒め料理用に野菜やきのこを下処理だけして冷凍したり、多めに作って調理済みのものを冷凍することもあります。

常備菜づくりと下処理冷凍の考え方

常備菜づくりは、臨月に入った頃から始めたんですが、だいぶ慣れてきて、今日の分だったら1時間ちょっとでできるようになりました。
今日のようにまとめて常備菜や下処理だけをする日もあれば、毎日の食事を作る際に少し多めに野菜を切って冷凍したり、1品多く作って冷凍したりすることもあります。
毎週絶対に作るとは決めていません。
余裕を持つための常備菜づくりが負担にならないようにしています。
子供の生活リズムも変わるので、私も臨機応変に家事のスケジュールを変えるようにしています。
家事貯金のひとつの手段として負担にならないように続けていきたいです。